早稲アカ(NN開成)から2021年受験

全力で駆け抜けた息子の受験記録! 開成生活もちょこっと書いています

ブログ終了のお知らせ&入塾~受験まとめ

小6の6月から思い立って備忘録として始めたこのブログですが、受験が終わって1年経ち今後は新たな受験に関する情報もありませんので、このブログを本日で終了しようと思います。

「早稲アカ(NN開成)から2021年受験!」というタイトルのブログですので、早稲アカやNN開成で検索して来て下さる方も多いかと思います。

最後は、初心にもどって?入塾から受験までを記憶を辿りながら💦まとめて終わりにしたいと思います!


小3秋~

受験をぼんやりと考え始める。SAPIX、早稲アカ、栄光ゼミナールの中から息子自ら早稲アカを選び入塾。上位クラス。入塾時偏差値約57。マンスリーテスト平均偏差値63~66位。算数よりやや国語の方が得意。


小4~

学力診断テストにてB特待生になる。
四谷大塚のYT週テスト受講。1年間最上位のCコースキープ(C1組~4組あたりまで変動はあり)
組分けテストの平均偏差値は65位?1年間SSクラスキープ。

4年の頃は成績が安定していて、校舎でも総合で1位をキープしていました。小中規模校舎で人数が少ないのも要因だったと思いますが。。

算数は単元によって得意不得意があり、組分けの成績もそれなりに上下しました。しかし、国理社の3科目が安定していたので総合では良く、組分けでも4科目偏差値で65を下回った事は無かったと思います。

しかし、5年生になると低迷期へ、、、


小5~

算数で比が登場し難しくなる💦苦手意識を持ってしまい算数の成績が低下。。組分けテストの成績も算数で大コケすると全体が悪くなり、死守してきた特待生からも外れてしまう、、、。組分け偏差値は、70~62位まで変動してました。クラスはSSキープ。四谷のYTは、S1~C1まで変動してたかな。。

小5の1年間はまさに踏ん張りどころ、といった感じで子も親もしんどかったです💦

後期になり、どこのNNに入るか考えるようになる。NN開成ジュニアオープンを受け好成績。NN開成に入る事に決める。さらに5年最後の組分けの結果が良く、特待生に!小5の最後で暗黒期を抜けた感がありました。

小6で御三家NNに入りたい場合、大切な事は、所属校舎で最上位クラスに居続ける事です。校舎の規模によって先生もまちまちでは有るのですが、どこの校舎も最上位クラスは小4、小5であってもNNを担当している講師が付くのが普通です。

息子は小中規模校舎でしたが、小3から算数国語とも最上位クラスはNNも担当している看板講師が付いていましたよ。どの先生に習うかは本当に大事です!そういう意味では、大規模校舎はクラス編成も熾烈ですが、その分良い先生がそろっていますのでわざわざ遠くから通う人も居ますよね。とにかく、小6で御三家NNに入るには、遅くとも小5で最上位クラスに居ることが必須です!


小6~

ZoomでのNNは上位クラスでスタート。春の合判模試で開成聖光80%に浮かれる。何となく良い感じで小6のスタートを切れた感がありました。

この時点までのNNオープンはジュニアオープンから全て合格判定。NN夏期集中特訓では、筑駒開成灘の三冠模試で全て合格判定!もしかしてこのまま行けちゃうんじゃないか、筑駒も受けようかなんて親子で浮かれ気味でした💦今考えても恥ずかしい、、

しかし、これが全く甘い考えだった事を秋以降の模試で思い知る事になります。

合判で2回連続成績が低迷。。さらに、NNオープンでも2回連続で不合格判定💦💦ここに来て得意な筈の国語で点がとれなくなり、焦りました。

更に今まで問題なかった理科も不安定に。。
この頃、筑駒を受けるの諦めました。(筑駒模試は3回受けて、合格70%、45%、45%だったので諦めるには迷いはありましたし、4科目の配点が同じ筑駒は、理社が得意な息子には向いている気もしていました、、)

9月~11月の途中迄は非常にしんどかったです。11月の合判で久しぶりに好成績、さらにNNオープンでもまた合格判定をとれるようになり、低迷期を抜けた感がありました。秋は過去問が始まり、さらに学校行事もあり、忙しいし不安だしで精一杯でしたね。。メンタルキツかったです。

直前期や受験の詳細は過去の記事に書いてある通りなので省きますが、今振り返ってみても、入塾~小4までが順調だった分、小5の1年間は結構キツかったです。クラスこそ落ちませんでしたが、とにかく成績が安定していませんでした。まだ志望校も決まっていない時期ですので、モチベーションも上がらないですしね。息子もしんどかったと思います。

しかし、クラスのメンバーの入れ替りも激しかったので、小5は程度は違えど多くの子がしんどい時期なんだと思います。

ただ、苦しかった小5の成果は小6でちゃんと出ていますので、今考えれば必要な時間だったのだと思います。

小6は、忙しいししんどさMAXですが、志望校に行きたいという強い気持ちと、NNという同じ目標を持っている仲間、そして先生方が居たので、モチベーションが上がり、数年にわたる通塾生活で最も楽しそうに勉強していました。

とにかくNNが大好きでしたね。しんどい受験生活の支えになっていたのは、やはり開成に行きたいという強い気持ちだったかと思いますよ☺️


今日、過去の成績やNNでの模試結果を久しぶりに見て思ったのですが、模試の成績の割には実際の受験はえらく苦労したなぁ💦という印象です。

聖光は模試でほぼ毎回合格判定が出ていましたが、実際は2回とも不合格。。開成も、そっくり4勝でボーダーよりはやや上に居たものの、実際には繰り上がりでしたね。。まぁ、それが受験というものなんでしょう。

息子のタイプとしては、まず確実に算数少年ではありません💦しかし、それをカバーするかの様に?国理社はかなり得意でした。理社はあまり差がつかない科目ですので、やはり武器と言えるのは国語力だったと思います!国語は模試で全体1位をとった事もあり、本人も自信を持っていました。しかし、国語よりも算数が得意な方が受験には確実に有利ですので、次男には算数が得意になってほしいと思っています😅


大変長くなってしまいましたが、これでこのブログを終了にしたいと思います。検索して来てくださる方へこのまましばらく残そうと思っていたのですが、特に受験の振り返り記事を感情的に書きすぎて恥ずかしいので、近いうちにブログ自体の公開を終了しようかと思っています。


今後は新たに大学受験や学校の勉強に関する備忘録を書くかもしれません。あと、次男が兄と同じ学校に行きたい!受験する!と言い出して通塾し始めましたので、また受験ブログも別で始めるかもしれません😅またこれ(受験)を1からやるのか~と思うと気が遠くなりそうです💦


最後に、早稲アカへの通塾を考えてブログに来てくださった方も、NNやそっくり模試で検索して来て下さった方も、開成受験で検索して来て下さった方も、全ての方が実りある結果になります様、願っております

また、春からの開成入学が決まって開成で検索して来て下さった方、開成は本当に素晴らしい学校で、素敵な先輩や気の合う仲間が居ると思います。どんな子にも必ず居場所がある学校だと思いますよ!

春からの開成生活、楽しんで下さいね🌸息子もあと5年ありますのでこの先も楽しみです!先輩方の様に、逞しくなってほしいものです😅

とっても長くなりすみません!
最後まで読んで下さりありがとうございました!!