早稲アカ(NN開成)から2021年受験

全力で駆け抜けた息子の受験記録! 開成生活もちょこっと書いています

嬉しい報告&4日以降も頑張る皆さまへ

日付変わって2月4日になりました。
受験生の皆さま、保護者の皆さまお疲れ様です。

昨日、3日に結果が出た方も多かったのではないでしょうか。

合格された皆さま、おめでとうございます!
今までの努力が報われ、またお子様の成長も感じられたのではないでしょうか。

何年も親しくさせてもらっている受験生のママさんが居るのですが、見事第一志望の難関女子校に合格したそうです🌸

ママさんからは相談を受けたり模試の成績まで聞いていましたので、発表の時間には自分の事のようにドキドキしてしまい、昨年を思いだしました😅



そして4日以降も受験される皆さま。
4日以降は雰囲気が変わると言われますが、
それは本当だと思います。

過去の日記にも書いてありますが、4日の試験では保護者控え室や受験生達からもピリピリした雰囲気は感じました。息子もそう言っていました。教室の雰囲気も違ったと。

中には、3日までに志望校から合格はもらっているけれども最後により難易度が高い学校にチャレンジしたい、という受験生も一定数居ると思われます。

しかし、未だ合格はもらっていない、または抑え校の合格しかもらっていないという受験生も数多く居ます。

うちは、1月校と抑え校しか合格していない状態で4日の試験を受けました。(3日の結果は4日試験中にわかりました)

おそらく1日から試験を受けはじめて4日も連続で厳しい試験を受けているという状況の受験生。もちろん心身共に疲労困憊でしょう。

付き添いの大人でもクタクタなのですから、12才の小学生には本当に過酷です。

3日にもなれば、合格した、受験が終了した、学校に復帰したという声も耳に入ってきたりしてプレッシャーにもなります。

そんな状況の中で試験に臨むわけですから、
これはもう4日以降の受験生を試験会場で見るだけで泣きそうになってしまいますよ。

受験生は本当に本当に頑張っています。
確かに、4日以降は倍率も上がり合格するのは簡単ではありません。

でも、まだチャンスはあります!可能性はあります!!息子のお友達でも、最後の最後、5日の試験で難関の共学校に合格した子が居ました。

最後まで頑張る受験生の皆さまが良い結果になる様、応援しています🌸🌸🌸