早稲アカ(NN開成)から2021年受験

全力で駆け抜けた息子の受験記録! 開成生活もちょこっと書いています

本番まであと少し、直前期は攻める!

先ほど早稲アカから合格実績のメールが届きましたが、早稲アカから灘中学校の合格者が44名だったかな?昨年度よりも大幅にUPした様ですね。

ほぼ、NN開成からの合格者かと思われます。こうなると、今年の開成合格者も昨年度を上回りそうですね~!

昨年度も、NN開成でTK1、2組に在籍してる子には灘受験の勧めがあったかと思われます。息子は、最初こそTK1や2でしたがその後下がりまして最終的にはK 1辺りに居ましたので声はかかりませんでしたよ💦灘オープンも受けていませんでした。とにかく、合格した皆さまおめでとうございます!!

さて、本番まで10日あまりとなりましたね。皆さま、もう学校をお休みして自宅で勉強しているのでしょうか。

息子は、栄東の試験以降はずっとお休みしていました。本番2週間位前からは本番を意識して、試験が始まるであろう9時位から実戦形式で色々な問題を解いていました。

過去問だったり、NNでもらった対策プリントだったり、解く問題は色々でしたが時間を計って集中して午前中は取り組む様にしていました。算数をメインに、理科社会もやっていました。国語は正直殆んど何もしてませんでした。

割合としては、算5,理3,社1.5,国0.5位ですかね。国語と社会が得意でしたので、直前期はあまり時間をかけなくてすみました。理科は物理分野が不安でしたので、そこを重点的にやりました。

算数はまさに直前期は解きまくりましたね。午前中はとにかく解く!と頭に刷り込ませる様にしましたよ笑。本番でも朝から頭がしっかり働くようにって。

NNの教材メインですが、併願校対策で「上位校の算数アドバンス」も最後まで取り組んでいました。校舎からの指示でしたが、NNのテキストに比べてだいぶ易しいので精神衛生上良かった様です。

このように午前中は解きまくり、昼食を挟んで採点と見直し。見直しは時間の関係もありそこまでじっくりやらず、疑問点だけ校舎で先生に質問するようにしていました。

採点見直しが終わると2時3時になり、弟も学校から帰ってきてうるさくなるので、塾のある日は早めに塾の自習室へ。質問も早めの時間だとしやすい様です。

塾の無い日はそのまま休憩を挟みつつ夜まで勉強ですが、午後は暗記ものや軽めの問題(ここで上位校の算数をやることが多い)をこなしていましたね。

テレビは、夕飯どきにちょっと見ていましたが、基本的に部屋にこもって勉強していました。気晴らしに、暖かい時間帯に近所を散歩したりもしてました。

直前期は暗記ものの強化やゆるめに確認、という考え方もあるでしょうが、早稲アカ(NN)は最後まで攻める!がポリシー?ですのでそれに則り、最後まで攻めました。

1月はもうそっくり模試以外のテストはありませんので、テストの感覚を忘れない為にも実戦形式でガンガン問題を解くのは大事かと思います。

ただ、直前期に新しいテキストに手をつけたり敢えて難しい問題にチャレンジしなくても良いかと思います。あくまで、解く感覚を鈍らせない為にうちはやっていました。

直前期は、息子のメンタルは安定していましたが私の方が極度の緊張で参ってしまい、何度も受験のシュミレーションをしたり、持ち物や時間の心配したりしてました。ああなったらどうしよう、こうなったらどうしようって。

安眠できず、寝坊したり電車が止まる悪夢をみたり、、、

でも、本当に直前(2日前くらい)に一周まわって腹が据わったんですよ。もう、なるようにしかならない、大丈夫だって。

昨年はコロナの先行き不透明でしたが、今年は今年で感染者が急増して大変な時期に受験ですね。

受験生の皆さま、保護者の皆さま、どうぞお気をつけ下さい。