早稲アカ(NN開成)から2021年受験

全力で駆け抜けた息子の受験記録! 開成生活もちょこっと書いています

開成中1年長男、2021年の振り返り

激動の2021年も今日で終わりです。

緊急事態宣言最中の受験から始まった今年。
本当に本当に色々な事がありました!

長男にとっては、受験、卒業、入学、新生活と変化が多い一年となりました。

第一志望校の開成に入学でき、忙しいものの、充実した学校生活を送っているようです。

学校には本当に色々な子が居ますので話が合う子も多く、自分の興味がある分野(生物や歴史など)の話が友達と出来る事が嬉しいみたいです。自分が詳しくない分野でも、友達の話を聞くのもまた楽しい様です。

話を聞いた印象だと、鉄道やクイズが好きな子が多いのかな。アイドルやゲームも人気みたいですね。どんな趣味でもバカにしたりからかったりしないところが良いと思います。

長男は小学校でもそれなりに友達と楽しく過ごしてはいた様なのですが、受験する子が少ない学校でしたし、浮きこぼれていたかも知れません。。

中学校では、年頃の男の子の集まりですのでそれなりにはしゃいで先生に怒られたりはしている様ですが、話の合う友達に恵まれて充実している様です。お年頃ですので、段々と色々な話をしてくれなくなってきました。。学校の話ももうすぐ聞けなくなるかもしれません💦

授業は、教科や先生にもよる様ですが楽しい様です。2学期はレポートや発表の課題、ピアノ実技などが多めだったので大変そうでしたが、何とかこなしていました。

中1でここまでやるんだ、、という様な難しい課題もありました。。1学期はまだ慣れていませんでしたので、課題も試験勉強も見てあげたりしていましたが、2学期からは基本的に本人に任せていました。パソコン操作やピアノ実技はちょっと教えたりもしましたね。

2学期の成績ですが、息子が自分でたてた目標(平均評点9以上でクラス10位以内)もクリアして上位の成績でした。よく頑張ったと思います。

息子の場合、模試では大体合格判定をとっていたものの、実際には繰り上がり合格でしたので、根本に「悔しい」「負けないように勉強しなきゃ」という気持ちがあって、それがモチベーションになっている様です。

もともと優秀な子達の集まりですので、確かに、定期テストに関しては気を抜くと直ぐに成績や順位は下がってしまうと思います。実力テストのような校内模試はまた違うのかなと思いますが。。

2学期は数学の成績が上がりました。算数は得意でなかった息子ですが、数学はまた算数とは違う様で、特に幾何は面白いみたいです。代数はほぼ中学校の範囲が終わっているらしく、進度はかなり早いです。

英語は、年明けに初めて英検を受ける予定なので、冬休みは英検対策してます。英語はほぼ初めての状態で入学しましたが、数学に比べるとゆっくり授業も進むみたいですので大丈夫です。ただ、試験前はかなりの量を覚えなくてはなりませんし、課題のレポート等も中1にしては高レベルです。。

受験生の頃に比べればもちろん勉強時間は少ないのですが、やはり中学生になっても勉強は大変ですね💦

年が明けて数ヶ月もしたら中学生2年生です。先輩になるなんて、ちょっと信じられませんね。相変わらずぼんやりしていて抜けている所も多いので、来年はもっとしっかりして欲しいと思います!

受験本番もだんだん迫って来ましたね!このブログを読んで下さる方は、「開成」で検索して見て下さっているのかな。

最近、ゆる受験というワードも良く聞きますが(ゆる受験を否定はしませんが、)今まで親子共々、一生懸命全力で受験に取り組んできた方を全力応援したいです!!

受験は必ず終わりが来ます。もう少しです。
頑張って下さい!!