早稲アカ(NN開成)から2021年受験

全力で駆け抜けた息子の受験記録! 開成生活もちょこっと書いています

抑え校について

先日、よく読ませて頂いているブログで、あれ?もしかしてこのブログの事を言って下さっているのかな??という日記を拝見しました。

もしそうであったら、読んで泣いて下さったとのこと。さらに、エールを送って下さり本当に嬉しかったです。違ってたらすみません💦💦


さて、何度か書いているのですが、息子は持ち偏差値よりも7以上低い学校を抑え校にしていましたが、落ちてしまいました。

今まで模試で合格80%を割った事が無く、過去問でも余裕を持って合格点、塾にも大丈夫だと言われていた学校です。

本番は、本命校の後の午後受験でしたので、もちろん疲労はありました。しかし体調は悪くなく、試験の手応えも普通でした。しかし、不合格。。

これは本当にキツかったです。2日に発表がありましたので、不合格のショックを引きずったまま3日の試験を受ける事になってしまいました。予定では、抑え校の合格をもらった状態で3日の第3志望校を受けるつもりでした。。

もちろん口には出しませんでしたが、既に試験が終わっていた1日の本命校、2日の第2志望校も合格しているという自信が全く無くなってしまいました。抑え校に落ちてしまったのだから本命や第2志望校に受かっているはずがないっていう心境になってしまったんですね。。

息子は、もう見てるのもかわいそうな位にショックを受けていましたよ。。「もっと簡単な学校を受けていれば良かった」と言っていました。。不合格のショックは想像以上に大きいです。まだ小学生なのです。

急遽出願した3日午後校は問題なく合格しましたが、3日の夜までどこからも合格がもらえずに、本当にキツかったです。

受験は本当に何があるかわかりません。模試とは全然違います。抑え校は、前提としてここなら行ってもいいという学校で、持ち偏差値よりもかなり余裕のある学校。更に言えば多少の体調不良でも合格できる様な学校をひとつは受ける事をおすすめします。

本人が、行ってもよいという抑えの学校が見つからないという場合は、親だけでも可能なら見学に行くなりして(外から見るだけでも)、親が勧めて決めてあげるのも全然ありだと思います。

偏差値的にここまで下げたくないなと思っても、合格をとることで波に乗り、本命や第2第3志望校に弾みがつきますし、万一他が全部落ちてしまっても、その抑え校に行くのか、公立に行くのかという選択肢が残ります。

全部落ちたら公立に行けばよいという考え方もありますし、それも良いと思いますが、全落ちは子どもがキツイですよ。。

結果公立に行くにしても、合格をもらったという経験は大きいと思います。

もし下の子が受験をするとしたら、抑え校についてはもっと慎重に検討したいなと思っています💦

受験は、経験したことのない事の連続で精神的にかなりキツイので、早めにひとつ合格をとることは大事だと思います!!