早稲アカ(NN開成)から2021年受験

全力で駆け抜けた息子の受験記録! 開成生活もちょこっと書いています

2020合不合判定テスト全成績

昨年度に受けた合不合判定テスト成績(偏差値)です。↓左から第2回~第6回です。(1回目はコロナで未実施)

f:id:AOI2008:20211029140428j:plain

昨年度はコロナの影響で全5回でした。
合判の記事は過去にも何度か書いているのですが、合判は全6回ありますので平均値で見るのが鉄則です。

息子は、開成の80%偏差値である71を目指していました。第3回と4回が悪かったのですが、平均値で見ると、71には届かないものの70には何とか乗せる事が出来ました。

教科別に見ると、先ず算数が安定していませんでした💦💦良いと68、悪いと60位でしたから出来た回と出来ない回の差が激しいです。



そして国語!国語は息子の武器でしたが、1度大こけしてその時の偏差値なんと57💦💦💦この時は本当に焦りました。これが本番ならかなり厳しい戦いになります。算数で点が取れない分、国語でカバーが息子の戦い方でしたので、、。

国語は良い回と悪い回の差が最も激しい教科になりました。。良い回は本当に良く、全体を引き上げてくれていましたね。長文読解の記述問題が得意でした。(詩は除く)

理科は比較的安定。社会は鉄板でした。理科は物理分野がやや苦手でしたので、計算問題で落とす事が多かったですね。。社会だけは、いつも安心して見ていられましたが、満点に近い点数を取っても偏差値はさほどでもありませんでしたね。あまり差がつかない科目です。。

教科別に見ると(全て平均値)算数63、国語67、理科68、社会69。2科目67、4科目70です。

客観的なテストですので、主に併願校を決めるのに活用していました。

成績優秀者もネットで発表されますので、NNの誰々に勝ったとか負けたとか、そんな事も本人は気にしていましたね。。

受験者が多いテストですし大いに参考にすべきだと思います!ちなみに、開成の合格可能性は平均値で60%。第2志望68%、第3志望78%でした。

合判模試が終わると、もう客観的模試は無く、あとはNNのそっくり模試のみになります。いよいよ本番が近づいて来たな、という感じになりましたね。

模試のシーズンもあと1ヶ月ちょっとですね!実際の中学校でも受けられるので、会場は塾ではなく中学校にするのがおすすめです。実際に受験する学校ではなくても、受験の雰囲気に慣れることは出来ますよ!