早稲アカ(NN開成)から2021年受験

全力で駆け抜けた息子の受験記録! 開成生活もちょこっと書いています

小6の秋、スケジュール管理必須

昨年度を思い出してみると、夏休みが明けて9月~12月迄が最も慌ただしかったです。1月~は学校をお休みしていましたし、過去問もひと段落していましたので比較的余裕ありました。

昨年度はコロナの影響で、前半はzoomでNNを受講していました。ですので、実際に西日暮里に集まってNNを受け始めたのが、ちょうど1年前の9月でしたね。

対面でのNNが始まると、一気に忙しくなりました!月水金が校舎の授業。日曜日がNNまたは、NNオープンまたは判定テストです。

いつからかは忘れましたが、土曜特訓が始まってからは土日が丸々西日暮里でNNになりました💦

金曜日が校舎で授業、土日NN、月曜日校舎授業の4日連続がかなり辛かったです。。もちろん平日は学校もちゃんと行ってました。学校の宿題も地味にちゃんとあったりしたので時間とられました。。ドリル系は瞬殺出来ますが、家庭科のレポートなんかは時間かかります、、

息子は体力があるほうでしたが、帰りの電車で寝過ごし、終点迄行ってしまった事も何度かありました。

月曜日の朝は起きられず、学校に行くのもしんどそうでしたが、2学期迄は休まずに通いました。

夏休み明けに忙しくなる要因に、過去問を解き始めるというのがあります。過去問は、欲を言えば朝から時間を計って4科目連続で解きたいですが、そんな時間は当然無く、塾の無い火曜木曜に分散させて取り組んでいました。火曜に国算、木曜に理社みたいな。。たまに祝日などで1日できる日は、朝から過去問という感じでした。

過去問をやる年数、併願校の過去問の優先順位などは塾で決められますので、その通りにやっていました。開成についてはNNで、併願校は校舎の先生に相談していました。

所属校舎にはNN開成の先生が居ませんでしたので、NN開成の先生に面談してもらう為に私のみ、西日暮里校やエクシブ校舎に出向いたりもしていました。。面談の希望はNN保護者会のアンケートで出せます。

この頃は模試がたくさんあり、過去問も始まり、学校も行事で忙しかったりで全く余裕が有りませんでした💦💦

よく体調崩さずに乗りきれたな~と思いますね😰

とにかく、やらなきゃならない事が多すぎるので優先順位をしっかりつける事が最も大事だと思いますね。

NNと校舎の先生で意見が違ったりして迷うこともありましたが、最終的には息子と私で決めていました。

スケジュールの立て方としては、一週間単位で考えていました。適当な紙を7つに線で区切って、月~日までのやることを曜日毎に、優先順位を高い順に書いていき、終わったら線で消していくというシンプルな方法です。結局これが一番やり易かったです。

それを常に机の見える場所に置いておきます。当然その日に終わらないものもあります。それは、別の日にスライドさせていきます。

日曜日の夜に、その週の降り返りを行い次週の計画をたてるという繰り返しです。

NNの宿題に時間がかかりすぎて他ができなくなったり、算数ばかりやってたら理科で大こけしたり、なかなかスケジュール通りにはいかないし、結果に結び付かずに焦ったりもしていましたが、その週その週で、これだけは必ずやる!というのを決めて取り組んでいました。

算数は、NNのテキストがかなり難しいので校舎の「上位校の算数」のスタンダードとアドバンスもしっかりやるようにしていました。

秋は模試も沢山ありますし、何かと慌ただしく、焦る時期ですが12月に入った頃に落ち着いてきますので、体調を崩さぬ様に頑張って下さい!

模試の結果は、1回1回に一喜一憂しがちですが、何回か受けた平均値で考えればいいので気にしすぎなくて大丈夫です。