早稲アカ(NN開成)から2021年受験

全力で駆け抜けた息子の受験記録! 開成生活もちょこっと書いています

併願校選びについて①

5年生の冬には、第一志望を開成に決めましたが、併願校は抑え校も含めると12月頃まで決めかねていました。

第二志望である神奈川のSは、開成とほぼ変わらない偏差値の難関校で、2日にSを受けるには不安もありました。。しかし、子供はSを気に入っており、開成に入れないならSに行きたい!という気持ちが強かったですね。

合判では、平均で開成が合格60%、Sが67%位だったかと思います。ただ、倍率は上がりますがSは4日にも試験を受けられるので、その分可能性は高いのかなと思っていました💦

夏頃までは、筑駒にチャレンジしたいという気持ちもあった様で、所属校舎の校長先生も勧めてはくれたのですが💦夏休み空けの模試で成績が低迷。。NNのオープンで、初めて不合格判定が出たりもして焦りました💦💦

ただ、この頃はNNでTKのクラスに居て筑駒の対策もしていましたし、W出願しておいてぎりぎりで様子を見て決めるという選択肢もありました。しかし話し合いの末、もともとは開成に行きたいという気持ちもあってすっぱり諦めました。ですので、3日はWか神奈川のAに絞りました。。

1日、2日校の難易度的にも、3日は確実に受かるところにしたいという気持ちが私は強く、3日は神奈川のAを勧めました。以前にも書きましたが、神奈川のAは親子共々気に入っていました!しかし、子供はWを受けたいと譲らず。。
Aも難関校ですが、Wも難関の人気校で学校は敷地が狭いものの、生徒さんの雰囲気も良くて気に入っていました。

しかし、Wは開成や麻布との併願がかなり多く(Aも多いですが、、)、3日の偏差値が1日の試験に比べてかなり上がります💦

合判では平均で合格78%でしたが、過去問との相性がわるく、合格点に届かない年もありました。。ですので、3日校に(私は)不安を抱えたまま出願することになりました。。


長くなったので続きます