早稲アカ(NN開成)から2021年受験

全力で駆け抜けた息子の受験記録! 開成生活もちょこっと書いています

開成中1学期の振り返り(勉強)

1学期が無事終了しましたので、勉強面についても振り返ってみたいと思います。

息子の話を聞いての自分の印象ですが、進度としては、

数学(代数、幾何)→中1の範囲は終わっている様子。先生によっては解説殆どなく、問題をひたすら解かせどんどん進む。教科書は使わずに先生のオリジナルプリントと分厚い問題集を中心に授業が進んでいる様でした。たまに小テスト有り。

テスト前は、ひたすらプリントと問題集をやっていました💦💦問題集は、かなり難しい部類の物らしいです。。(開成の先生が製作に関わっている)

英語→英語1、2、外国人教師による英語、英会話の4つに分かれていますが、テストは2科目でした。進度としては、特別早いという印象は無く、教科書も使用している様です。

ただ、基礎英語もテスト範囲に含まれるので必然的に覚える英単語等も膨大になり、大変でした💦💦テストは、リスニングと英作文の配点が高い様な印象です。その他、英会話のテストも授業内であったみたいです。

受験勉強で忙しく、中学校入学まで英語はほぼノータッチの息子でしたが、この4ヶ月だけでもだいぶ英語力がついてきたかなと思います。英語、好きな様で数学よりも嬉々として勉強します。。。

国語は1と2に分かれている様でしたが、よく違いがわかりませんでした💦💦テスト前にちゃんと覚えれば問題無い様です。

理科系の、化学、生物、地学。社会系の、地理、歴史はそんなに早くも難しくもないみたいです。ただ、課題の提出が意外と多く、都度点数もつくみたいなので、普段の授業からしっかりノートをとり、課題をこなす必要あり!

当たり前の事ではありますが、科目が多かったり、連絡が曖昧?だったりするので、、、。
テスト前は、クラスのグループLINEで色々な情報が飛び交っていた様ですよ。。

開成の授業はとんでもなく早いんじゃないか、と心配していましたが、数学以外は普通な様です。数学は、やはり説明も少なく早いので、特に数学が得意でない息子は要復習!英語は、普段からコツコツやっていないとテスト前酷い目にあいますね💦

その他、期末考査では音楽等の実技科目もありました。実技科目は、授業内で行われる実技テストや、課題をちゃんと提出していれば大丈夫な様です。

こんな感じで1学期の授業が終了しました。初めての考査だったのでどう勉強して良いか分からず、ひーひー言いながらテスト勉強していました😰私は「受験勉強に比べたら楽だよね?」とか笑顔で(怖)息子に言ってましたが😅

終業式の日にテストが一気に返され、通知表も持ち帰りました。成績ですが、平均評点9を超えてクラス内順位も上位でした。初めてにしては、良く頑張ったんじゃないかと思います。

成績が良かった要因としては、得意科目である国語、理科、社会の科目が合わせて8科目もあり、それぞれ10または9の評定を取れた事と、
新しく始まった英語1、2とも良かった事、更に実技系の科目も問題なかった事です。もともと暗記系の科目が好きで得意なので、音楽等も筆記で点数を稼ぎました。数学は、平均点にちょっと届かない位でしたが、何とか評定8は取れました。。

私は息子に英語だけは教えていました。他の教科はノータッチですが、何の教科を優先に何をやる、みたいな事はアドバイスはしていました。しかし、それも結構大変で💦💦息子に自分でやってほしいと思っています。2学期からは、だんだん手を離して自分で出来る様になって欲しいなぁ、と思ってます。。


通知表が、ぺらぺらの紙だったのでびっくりしました笑