早稲アカ(NN開成)から2021年受験

全力で駆け抜けた息子の受験記録! 開成生活もちょこっと書いています

志望校を決めた時期②

続きです。

5年生の後期になり、そろそろ6年生から始まる学校別NNの事を考える時期になりました。

大学は国立を目指したいという希望があるので、この時点で慶応など、完全な附属校は志望校から外していました。早稲田中は進学校なので選択肢のひとつとして考えていました。

第1志望として開成か麻布を考えていて、通学のしやすさでは麻布なので、とりあえず小5の時に文化祭に行きました。

そこで女子高生のパワーに圧倒されました笑凄かったです。さすがに人気校だけあり、人人人で殆ど何も見られなかったのですが、学校の雰囲気的には合わないかなぁ(長男には)と感じました。

文化祭に行くまでは麻布を第一志望として考えていましたが、長男も思うところがあった様で、麻布を選択肢から外しました。ただ、塾の講師からは文化祭は普段とは違う状況だから、それだけで合わないときめつけない方が良いと言われ、ごもっともだと思いました。しかし、また説明会等に行ってみようという気になりませんでした。。良い学校だと思うのですが長男には合わない様に感じました。

5年生の秋に初めて開成の説明会に長男と出席して大変好印象でした。前校長のお話も聞けました!校内ツアーも楽しかった様で、冬休み位には開成を目指す事をほぼほぼ決めていました。塾の先生も大賛成という感じでした。というより、やはり実績の事もあるのか?SSクラスでは慶応や早稲田と言ってもあまりいい顔をされない雰囲気でしたね、、、。

その後、NNジュニアオープンがあったりして、4月からはコロナのためzoomでしたがNN開成に参加し始めました。そこから、1度も第一志望は変わりませんでした。

もちろん、模試の成績に応じて併願校はかなり揺れました。。しかし、早めに本命校を決められた事は良かったと思います。併願校に関しては、11月位に大体決めれば良いと言われていましたので、模試の成績を見ながら塾と相談して決めるのが良いと思います!

併願校の決め方について、後悔している事もありますので、また書きたいと思います。