早稲アカ(NN開成)から2021年受験

全力で駆け抜けた息子の受験記録! 開成生活もちょこっと書いています

合判のグラフ(過去の開成合格者との比較)

昨日、受験生の時に受けた様々な模試結果を整理していたら、合判の結果が出てきました。

f:id:AOI2008:20210603152821j:plain

↑過去の開成合格者と、長男の合判結果の比較グラフです。第何回はものか忘れましたが、大体いつもこんな感じで算数が開成合格者に全く届かず。。確か、届いたのは5回中1回だけでした💦💦偏差値では、算数も60を切ったことは無いと思いますが、過去の開成合格者平均は65越えてきますので、、、。

ただ、国語社会理科は得意でしたので、先ず国語で点を稼ぎ、理科社会で安定させる。という感じでしたね。

しかし、たまに国語で点差を広げられなかったり、理科でコケたりすると、だいたい合格可能性はかなり下がりました。

開成を目指す上で算数が不得意というのは、それだけでかなり不利です。。どこの学校でもそうだと思いますが、最難関校ではより顕著かと思います。

残りの3科目のうち、1つでも良くないと(特に国語)かなり厳しい戦いになります。

これは、NNオープンや、もちろん実際の入試でも同じでしたね。

開成を受ける人は算数得意で国語のほうが苦手という人の方が多いかと思いますが、長男は逆でした💦

しかし、合格はしましたので、実際の入試でも国理社で点を稼いで、算数のマイナス分を補ったのかなと思います。。

こんな感じでしたので、入学後の数学を心配していましたが、まだ序盤という事もあるでしょうが、数学になってからは順調で中間考査も問題無しでした。しかし、これからも最も力を入れて勉強すべき教科ですね。。

こんな人もいるよーというお話でした!